このコーポレートサイトについて

このコーポレートサイトについて

2016年秋、この『ひとつな』を事業として取り組んでいくことに決まってから、会社の方針やビジョンについて、メンバーで話し合いを重ねました。互いの考えを述べ、幾度も修正を重ね、一体何が適切なのか、どうすれば多くの人に誤解なく伝わるのか等、議論の中で意見がぶつかり合うこともありました。

紆余曲折を経て、ようやく会社の方針やビジョンが定まると、私はふと、ある事を思い出します。

「そういえば、最初の頃(2009年)にまとめていた資料には、何と書いてあるだろう?」

眠っていた外付けハードディスクを引っ張り出し、テキストファイルを開くと、そこには静かな感動がありました。記されていた文章や言葉が、今回議論を重ねて作り出した会社の方針やビジョンと、全く変わらなかったのです。

中には文字通り「一語一句」変わらないものもありました。最初からこの資料を見ていれば、議論の時間も短縮できたし、余計な衝突も無かったかもしれないと、一瞬はそう考えましたが、これもきっと通過儀礼のように必要な時間だったのです。

想いは何も変わっていない。
それを思い出す為に。

このコーポレートサイト(www.hitotsuna.co.jp)には、そんな“変わらぬ想い”の数々が注ぎ込まれています。会社案内というよりは、どこかプレゼンテーション的に見せているのは、それを真っ直ぐに伝えたいと考えているからです。

もちろん、今後の事業進度によっては、サイトの見せ方も変わってくるでしょう。ただ、今この時、まず最初に伝えたいのは、この“変わらぬ想い”なのです。

2016年秋から2017年春までの間に行った、投資家向けプレゼンテーションや、メンバーリクルーティングの際に伝えさせてもらった内容が、このコーポレートサイトの中に多分に含まれます。

つまりそれは、事業に投資する方に向けても、会社で共に働く仲間に向けても、そしてこれからサービスを利用してもらう人たちに向けても、誠実に正直であること、この“変わらぬ想い”の証明です。

また、これまで人には話すことのなかった個人的な背景を記したことも『ひとつな』とそれに関わる全ての人たちに対して、誠実に正直でありたいという、想いの一つです。あえて述べることは無かったのかもしれませんが、あえて伏せることもありませんでした。

どの様にして『ひとつな』が生まれたのか。

それを正確に伝えることそのものが、始まりには必要な事柄だったのかもしれません。

この記事を書いている時点では、まだ「HitoTsuna アプリ」のサービスは開始されていません。この記事を読まれる方の多くには、ここが何か動きのあるサイトではないと思います。

ただそれでも、このコーポレートサイトの中で伝えさせてもらった事柄の数々が、読まれる方の中に『ひとつな』の原石を残すこと叶えば非常に光栄ですし、また、そうなること祈っております。

Ryota Noguchi
Co-CEO
Hitotsuna Inc.
コメントをどうぞ

コメント