最初のクエスチョン

最初のクエスチョン

2016年8月にCo-CEOの野口がひとつなのアプリ化のアイディアを思いついてからもうすぐ1年になります。この1年の間に、会社を設立し、チームメンバーも2名増え、いよいよプロダクトの完成が近づいてきました。

HitoTsunaアプリ」は、質問と回答をリレー形式でつなげ、国を超え世界中をひとつにつなげていくアプリです。参加者はまず誰かにアンサーをするところから始まります。世界中から集まった沢山のクエスチョンの中から一つ選んでアンサーを投稿してもらう仕組みです。

実は、その記念すべき最初のクエスチョンを私が担当させていただきました。

クエスチョンの内容は、もちろん私たちの未来への想いを詰めたものにしましたが、どうせなら「日本から世界に発信する」ということも、8秒という短い動画の中で表現したい、そう思いました。

「日本らしさ」を視覚的に表現し、私たちの想いを分かりやすく象徴的に伝えられるものは何だろう……。最終的に私たちが選んだのが「着物」と、世界遺産にも登録された「富士山」でした。

そこで5月のある日に、Co-CEOの2人と私の3人で富士吉田に向かい、最初のクエスチョンを撮影してきました。あいにく曇り空だったので、狙っていた富士山を映像に収めることはできなかったのですが「まぁ、それもまた何かの流れなのかな」と「それはそれで」良いことにしています。

どんなクエスチョンになったのか、良かったら是非見てみてくださいね^^

一通り撮り終えて、最後に近くの神社でひとつな祈願もしてきました。

この私たちのビジョンが実現するように、一歩一歩前に進んでいきたいと思っています。

Big vision with small steps.
Kanako Ishikawa
COO
Hitotsuna Inc.
コメントをどうぞ

コメント