これまでの歩み

History

1994年、後に共同代表となる 野口 亮太林 泰二郎 は同じ中学校で出会いました。

最初のアイディア

2009年9月

野口・林が《Q&Aをリレー形式で行い、世界中の人をつないでいくアイディア》を思い付き、形にすべく行動開始。

リレー開始

2009年10月

ウェブサイトを制作。都内近郊にてリレーをスタートさせる。

リレー参加者100組達成

2010年4月

友人・知人等の様々な協力も得て、リレー参加者100組達成。

リレーのダイジェストムービー

100組達成を期に、ダイジェストムービーを作成。

海外からのリレー参加者に対応

2011年4月

リレーを通じて知り合ったカメラマンの協力を得て、日本国外でもリレーをつなぐ。

リレー参加者200組達成

2011年7月

リレー参加者200組達成を記念し、林自らひとつなのリレーに参加。富士登山にチャレンジし、山頂にてリレーをつなぐ。

リレー参加者300組達成

2012年3月

アメリカ・ニューヨークで300組目のリレーが達成される。

ひとつなイベント開始

2012年9月

リレー参加者や協力者達が一同に会するイベントを多数開催。中でも『ひとつな祭り』は、多彩なジャンルのアーティストが賛同、大盛況に終わる。

リレーアプリ化のアイディア

2016年8月1日

野口、突如、リレーをアプリ化するアイディアを思い付き、一晩のうちにスケッチブック15枚に渡るアイディアのメモを残す。

プロジェクトチーム結成

2016年8月

野口から林に声を掛けた後、アプリ化を目標とし、次の4名からなるチームを結成。野口 亮太 / 林 泰二郎 / 中野 翔 / 石川 加奈子

株式会社ひとつな設立

2016年11月7日

野口・林の両名をCo-CEOとし「株式会社ひとつな」を設立。その後、アプリ開発費用の資金調達に成功、世界中にリレーをつなげるべくHitoTsuna アプリの開発に着手。

Closed β Test 開始

2017年6月より Closed β Test を開始。現在、一般公開に先駆けて「最初の100人リレーチャレンジ」メンバーを募集中。希望の方はこちらのページより、応募可能。

ひとつなとは?

ひとつなとは?

地球を舞台にした壮大な遊び
そして人類史上初の試み

誕生物語

誕生物語

地球という大きな舞台で
実現する為に

ひとつなが描く夢

ひとつなが描く夢

ひとりひとり違うけど
みんなどこかでつながっている

みんなでチャレンジ

みんなでチャレンジ

地球のみんなで
リレーをつなごう